あたりまえのこと

ちょっとコーヒー休憩中、Webデザイナーの独り言ブログです

ウォーホルのレコードジャケット – 2

 

 

 

アンディ・ウォーホルが手がけた

レコードジャケットのつづき・・・

vu_1st

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド (The Velvet Underground) 

 

最も有名なのはこのバナナのジャケットだと思います。。。

有名すぎて今さら・・・なんですが

このアルバムが発売されたのが1967年。

 

すでにウォーホルはシルクスクリーンの作品群で

ポップアートの先駆者となってアメリカを代表する・・・

・・・ってもう既知のことはやめときます。

 

ヴェルヴェッツの記念すべき1stアルバムで

Rockミュージックの歴史に残る名盤です!

なので私は学生時代にウォーホルより先にヴェルヴェッツに影響を受け

後からウォーホルやポップアートについて知ったという感じでした。

 

このバナナのジャケットの初期バージョンがおもしろくて、

ステッカーになってるバナナのへたの部分に

「◀︎ peel slowly and see」 って小さく書かれてて

そのバナナの皮のステッカーを剥がすと

下に中身が描かれているという・・・

ヴェルヴェッツのノイジーな音と相俟って、

当時のNYアングラシーンの象徴の様なジャケットでした。

昔私が持ってたレコードは窓際に飾ってたら

真夏の日差しで見事にグニャグニャに曲がって

バナナの皮ステッカーも無くなって・・・

まるで退廃的なアルバムの内容を体現してるかのようでした。

悔しかったんで、後々CDを買いました。。。

限定のDeluxeという2枚組で1枚はなんとMONO盤!

迫力が違います、ちっちゃいながらもバナナもステッカー仕様!

転んでもただでは起きません。

(でもいつかまたUSオリジナルのアナログ盤が欲しいです)

 

 

ウォーホルが手がけたジャケットをいくつか紹介したいと思います。

 

ジョニー・グリフィン / THE CONGREGATION

BLUE NOTE 時代のものです、中でもちょっと明るめです。

 

ケニー・バレル / BLUE LIGHTS 1 & 2

これは中古レコード屋で発見したらジャケ買いしていまいますね、

ウォーホルが好きだったらしいケニー・バレルです。

 

ローリング・ストーンズ / Sticky Fingers

これも名盤です。このジャケットもおもしろくて

画像はCDですがオリジナルのアナログ盤には

本物のジッパーが付いてました。

50年代のJAZZアルバムのジャケットで見せたような

イラストレーションによる技法はもうありません。

 

ジョン・レノン / MENLOVE AVENUE

80年代このタッチのデザインが多いです。

アルバムの内容はアウトテイク集っぽい感じ?

 

ラッツ&スター / SOUL VACATION

実はこんなのもあります。

とにかく何でも誰でも依頼があれば作品にした

って聞いたことがありますが・・・そうなんでしょうか?

 

もっともっとあるんですが今回はこのくらいで。

 

 

 

2014/08/06 2:56 AM カテゴリー: Record

  1. ブログトップへ

福岡ウェブデザイン・ホームページ制作 アトリエ イナフ

WORKING TIME 12:00 - 18:00

CONTACT US >> 

  • MoMA STORE
  • ダイソン オンラインストア
  • BURTON ONLINE STORE
  • ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
  • CASSINA IXC. ONLINE STORE
  • 1616 / arita japan
  • panpuri (パンピューリ)
  • CASSINA IXC. ONLINE STORE

福岡ウェブ・ホームページデザイン/無料相談 アトリエ イナフ